0276-74-0811

月~金 8:30~18:00
  土 8:30~17:00

検査・治療

内視鏡的粘膜下層剥離術
(Endoscopic Submucosal Dissection: ESD)

 胃癌や大腸癌は早期のものであれば多くの場合、開腹治手術をせずに内視鏡治療(粘膜切除術)が可能です。しかしこれまでその適応は隆起型早期胃癌は大きさ20mm以内、陥凹型早期胃癌は10mm以内、等の制限がありました。なぜなら従来の内視鏡的粘膜切除術ではこれらの制限よりも大きな病変を切除すると一括切除が出来ず分割切除となり、取った病変部の病理検査がきちんと出来なくなったり、再発が増えるなどの欠点があったからです。

 ITナイフやフックナイフを用いた粘膜切除術では病変の大きさにかかわらず多くの場合早期胃癌であれば一括切除が可能です。また従来の粘膜切除では位置的に粘膜切除が困難な病変に対しても一括切除が可能となります。これにより従来の診断基準では開腹手術が必要である病変に対しても低侵襲な内視鏡治療が行えるようになってきました。

胃体上部小弯のⅡc(表面陥凹型早期胃癌)です。黄色の点線内が病変部です。直径は20mm程あり位置的にも大きさ的にも従来の粘膜切除術では困難な病変です。
病変部をマーキングします(白い点々)。
治療終了後です。斜線部が切除範囲です。筋層が露出した部分は潰瘍になりますが数週間で治癒し、痛みはありません。
切除標本です。このように一括切除が可能です。組織検査の結果、癌は粘膜内だけにどどまっておりこの病変に対し充分な治療であることが分かりました。

大腸ポリペクトミー

きのこのようなポリープです。直径約20ミリです。このくらいの大きさになると癌が混ざっている場合があります。
クリップで茎をつかみます。これは次に行う留置スネアが良い位置にかかるようにするためとかけた留置スネアが脱落しないようにするためです。
留置スネアをかけるとこのようにポリープが紫色に変色します。
切除後です。留置スネアがかかることにより処置後の出血が防げ、大きなポリープでも安全に切除が可能となります。

内視鏡的乳頭切開術
(Endoscopic Sphincterotomy: EST)

ESTは総胆管結石に対する内視鏡を用いた治療法です。

胆嚢ってなに?
 胆嚢は右上腹部にある臓器です。肝臓で胆汁という消化液がつくられ、これが一時的に胆嚢に蓄えられます。食事をしたときに胆嚢は収縮し腸内への胆汁の分泌能力を高め、消化を助けるのが胆嚢の働きです。

胆石症ってなに?
 胆石は中年以後によく見られる病気です。胆嚢の中に石が出来、胆嚢の出入り口に石が詰まって胆嚢が張れてお腹が痛くなったり、熱がでたりします。病状がひどい時は緊急手術の場合も有りますがほとんどの場合は絶食で抗生物質という薬を投与することで一時的には治ります。ですがこのような発作を起こす方は再び発作を起こすことが多く手術をお勧めします。
 手術では胆嚢をとります。「石だけ取ればいいんじゃないの?」とよく質問されますが胆石が出来る方は上記のような胆嚢の働きが十分ではないことが多く、胆嚢を残すと再び胆石が出来る可能性が高いのです。また摘出するのはもともと十分な働きをしていない胆嚢であり、とったあとに不都合が起こることはありません、御安心を。当院では従来の開腹術に比べ体へのダメージの少ない腹腔鏡下胆嚢摘出術(laparoscopic cholecystectomy)を積極的に行っております。

総胆管結石症ってなに?
 肝臓から出た胆汁が腸に出るまでの管を胆管といいます。ここにある石を総胆管結石といい、この石が胆管の出口に詰まって胆管がはれることによりおこる病気が総胆管結石症です。胆石症と同じく腹痛や発熱が見られますが顔や皮膚の色が黄色くなる「おうだん」がみられることが多いのが胆石症との違いです。これは胆管の出口に石がつまり、胆汁が腸に出れずに全身に胆汁のもとになる物質がまわってしまうことが原因です。治療は絶食や抗生物質の投与が基本ですが胆管の炎症はひどくなるとバイ菌が全身にまわりやすく、死亡することもあるため早期の処置が必要になります。当院では内視鏡的乳頭切開術(EST)、内視鏡的乳頭拡張術(EPBD)を基本とし経皮経肝胆管ドレナージ術(PTCD)、手術治療をふくめ患者さんにとって最適な治療法を選択し治療にあたっています。

総胆管結石 左の患者さんのESTによる治療後。
石がきれいにとれました。

内視鏡的胃瘻造設術
(Pericutaneous Endoscopic Gastrostomy: PEG)

胃瘻造設の対象者は、口腔内や食道に問題があり食事摂取が困難な方、意識障害があり自発的に摂取できない方などです。胃瘻は胃内へ腹壁から直接チューブを入れることでこれらの状態を回避し、点滴や鼻からのチューブにより栄養を摂取する必要がなくなります。

胃瘻をしない場合について
胃瘻を増設しない場合は長期的な点滴や経鼻胃管による食事管理となります。その場合、点滴ラインを介した感染症の危険や経鼻胃管による誤嚥性肺炎のリスクが増加します。
しかし、これらの方法で長期的に管理されている方もたくさんおります。

手術の危険性と合併症
内視鏡を使用して5~10分程度で終了する比較的安全な手技ですが、まれに腹膜炎、創部の感染症、出血、腹腔内臓器損傷などの合併症がおこることがあります。
また、ごくまれに輸血が必要であったり、緊急手術が必要になることがあります。

経皮経食道胃管挿入術
(Pericutaneous Transesophageal Gastro Tubing: PTEG)

PTEG は低侵襲に造設が可能な経皮経食道胃管挿入術(Percutaneous Trans Esophageal Gastrotubing)です。
胃全摘後や胃切除後などで内視鏡的胃瘻造設(PEG)が出来ない患者さんに経管栄養を行うための方法です。
超音波診断装置、エックス線透視装置と専用の器具を用い頸部から食道を穿刺し、カテーテルを留置します。
メリットは

①鼻腔や咽頭にカテーテルを留置することがないため、疼痛や違和感などの患者さんのストレスを緩和、軽減できます。
②挿入後の管理も容易ですので、長期にわたり経腸栄養管理や腸管減圧管理をする患者さんに適しています。

海宝病院では平成14年よりPTEGを導入し、適応のある患者さんに行っています。